マイナンバー 中小企業 対応

マイナンバー 中小企業 対応
MENU

マイナンバー 中小企業 対応

マイナンバー制度が始まりますが、中小企業の対応はかなり遅れていると言われています。

 

事実、勤め先のマイナンバー対応に不安を持っている会社員の方は多いですし、マイナンバーの理解度はかなり低いです。2015年10月段階でも、マイナンバーのことをイマイチ分かっていない人がほとんどです。

 

マイナンバーでは、税務、社会保障、災害対策の為に、個人に固有の12桁の数字の番号が振られます。これが、個人情報よりも重要度が高い、特定個人情報という特別な取り扱いになります。

 

ですので、マイナンバーを管理することになる企業にとっては、かなりの重荷になります。しかも罰則は恐ろしいほど厳しいです。管理される側からすると当然と言えば当然なのですが、中小企業にとっては、何のメリットもないマイナンバーですので、管理にお金をかけない企業も多いです。

 

セキュリティ対策の甘い中小企業は多いです。

 

マイナンバーの怖いと所は、このポイントを狙われるところです。犯罪組織やハッカーなどは、マイナンバー開始時期を狙っていて、一気にマイナンバー付きの個人情報を集めようとしています。

 

ですので、中小企業のマイナンバー対策は必須と言えます。万一、社員の誰かがマイナンバーを悪用した場合でも、会社に責任が問われます。いわゆる両罰規定というやつですね。

 

これによって大切な取引先を失ってしまっては元も子もありませんので、マイナンバーの管理にお金をかけることを中小企業も検討すべきです。

 

 

更新履歴
このページの先頭へ