マイナンバー預金封鎖

マイナンバー預金封鎖
MENU

マイナンバー預金封鎖

マイナンバー預金封鎖

新たにスタートするマイナンバー制度では、現状はまだ銀行預金口座とマイナンバーの関連付けは行われる予定はありません。しかし将来的には預金口座とマイナンバーを関連付けし、収入から税金まで全て紐づけられる可能性も決して否定することができなくなっています。

 

マイナンバー制度のスタートに伴い、将来は銀行預金口座一つ一つにマイナンバーとの関連付けを行うことが政府の基本的な方針となっています。これまではうまく法の目をすり抜けて脱税行為を行う方も決して少なくありませんでした。しかし、マイナンバーで預金口座をすべて紐づけることにより、脱税行為は容易ではなくなります。これまで脱税を行っていた方も、マイナンバーによって収入と貯蓄、それに税金の管理が行われるようになり、最悪の場合は預金封鎖によって税金の徴収が行われる可能性が出て来ます。

 

もちろん、正しく納税をしている方なら預金封鎖の危険はありません。その為、マイナンバー制度の導入により、脱税への抑止力が働くと考えることも可能二なるというわけです。

 

しかし、将来的に発生するであろうと想定されている貯蓄税のような新たな税金に対しては、やはりマイナンバー制度がその第一歩の手助けをしてしまう懸念は否定できません。貯蓄税は個人の貯蓄に対して生じる税金のことです。現在はこうした税金制度はありませんが、将来的には登場する可能性も否定できないところです。

 

マイナンバー制度によって預金口座の管理が行われるようになると、国民一人一人の預金が政府に把握されることになります。その結果貯蓄に対して税金が発生し、支払いを拒んだ場合などに預金封鎖が行われるケースもまた、将来的には出てくるかもしれないと言えます。

 

マイナンバーと預金封鎖について

 

上記サイトで詳しく見れます。

このページの先頭へ