マイナンバー制度の概要

マイナンバー制度の概要
MENU

マイナンバー制度とは

マイナンバー制度が導入されることは多くの方がご存知のことと思います。本格的な導入の前に、マイナンバー制度の概要とメリット、デメリットについて説明します。

 

「マイナンバー制度とは」
マイナンバー制度というのは簡単にいうと国民一人ひとりに12桁の番号をつける制度です。この番号は基本的に一生変わることはありません。日本人はもちろんのこと、日本に住民票がある外国籍の人にも交付が行なわれます。マイナンバーは行政や地方公共団体などの手続きを簡単にするために使用されます。具体的には、年金や各種の社会保険、税金の管理、災害時の安全確認などに使用され、番号で管理することによって効率的な管理が可能になります。ここ最近の日本では東日本大震災や熊本での地震など自然災害が頻発しています。マイナンバーの導入が被害を小さくし、スムーズな復旧作業につながることが期待されます。

 

「今後は民間企業での利用も可能に」
2018年からは行政だけでなく、民間企業においてもマイナンバーが利用できるようになります。銀行口座の開設や電気や水道料金などの公共料金の支払いなどに使用されます。証券会社や保険会社などの金融商品に対する税務処理も簡単に行なえるようになります。インターネットのサイトを利用すれば、自分の情報をわかりやすく管理することができ、今までは役所で直接行なう必要があった手続きの多くが、インターネットやコンビニなどで行なうことが可能になります。

 

「マイナンバー制度のメリット」
マイナンバー制度が導入されると国民の個人情報管理がしやすくなるため、手続きにかかる時間や費用を大幅に節約できます。人件費の削減によって国や自治体の支出を少なくすることができるのです。また、マイナンバー導入で大きく期待されているのが、脱税や生活保護の不正受給の防止です。現在は年金や税金、社会保険などの情報が各役所によって別々に管理されていますが、マイナンバー制度によって一元管理されることで、このような違法行為が減ると考えられています。

 

「マイナンバー制度のデメリット」
では、マイナンバー制度のデメリットはどのようなことでしょうか。それは、マイナンバーを悪用した犯罪が増える可能性があるということです。マイナンバーは会社に提出する義務があるため、会社の社員が悪用することも考えられます。犯罪に悪用されないために、より徹底した情報管理が必要といえるでしょう。ネット社会に不慣れな高齢者の人の情報管理をどのように行なうのかということは大きな課題になると思われます。

 

このようにマイナンバー導入によって、生活は便利になりますが、より厳密な情報管理が必要になります。情報管理をきちんとして、マイナンバー制度を上手に利用したいものです。

このページの先頭へ