マイナンバー管理

マイナンバー管理
MENU

マイナンバー管理

2016年1月のマイナンバー制度実施が近づいてきたことで、人々のマイナンバーへの感心も高まっています。マイナンバーというのは、勤務先への提出なども求められているので、注目が集まるのは当然のことと言えるでしょう。

 

しかし、このような制度が実施されるにあたって一番気になるのは、マイナンバーの管理の仕方で、特に企業間ではどういった取り扱いがされるのかが気になるところです。今のところ企業のマイナンバー対応は順を追って行うことが公表されているので、その対応というのを順を追って説明します。

 

まずは企業がマイナンバーを扱うに当たっての準備として、今まで触れたこともないマイナンバーへの理解が深められます。マイナンバーは多くの個人情報を含んでいるものということを、扱い人々に理解してもらうことで、どれだけ大切な番号なのかということを理解してもらうわけです。

 

それが終わると次に、マイナンバーを何に使うのかを明確にするという作業が行われます。実際にマイナンバーが使われる主な内容としては、源泉徴収票の作成や保険関係の取得届作成などといったものになるのです。

 

そして、今まで使っていた個人情報管理システムへの改修もおこなわれます。これは今までのシステムではマイナンバーへの対応がされていないので、システムを書き換えることによってマイナンバーへ対応させるというわけなのです。

 

書き換えが必要とされているシステムには、人事給与のシステムや社会保険関連のシステム、さらに支払調書作成のシステムなどになるとされています。この時に書類の項目にマイナンバーの項目が増えるので、ものによっては書類のサイズが変わるということも予想されています。

 

すでに分かっているところでは、源泉徴収票は今までがA6だったのに対して、今後はA5に変更されるのです。これらの準備が整うと、最後に実際にマイナンバーを取り扱う従業員に対しての研修がおこなわれます。

 

おそらくここが一番大切であり難しい部分で、今までになかった制度を覚えてもらうための、かなり徹底した研修になることでしょう。もちろん従業員の家族のマイナンバーも必要となってくるので、それらも知ってもらうために、基本的には従業員全員にも説明が行きます。

 

このように企業に提出するマイナンバーはいくつかの準備をした後で、研修をしっかりと受けた従業員が取り扱うということになるのです。しかし、人にまかせっきりでは無く。自分でもしっかりと制度の把握をしておきましょう。

 

このページの先頭へ