マイナンバーと風俗

マイナンバーと風俗
MENU

マイナンバーと風俗

マイナンバー制度が始まってから、困り顔の人が増えているかと思います。
会社に内緒で副業をしている人達です。
マイナンバーは、給料を支払っている会社に申告する義務があるのですが、これは本業会社だけではありません。
アルバイトでも仕事で収入を得ているのであれば、支払先全てに通知する必要があります。
ここの時に確定申告をする段階で本業の会社にバレてしまうことがあるのです。
これを心配するのですが、特に風俗で働く女性にとっては深刻な受け止め方をしているはずです。
副業を禁止している企業にバレることと同時に風俗という仕事に対する偏見の目もあるでしょうし、家族からも同じ目で見られることが怖くて心配になることでしょう。
しかし、これを回避す方法もあります。
それは、税務署への確定申告の仕方です。
年収20万円を超える場合に、収入として申告しなければならないのですが、この金額により住民税が確定することになります。
会社に勤めている人は住民税の支払いが会社が立て替えて支払うことになるのが一般的なのですが、この段階で風俗などの仕事をしていることが分かってしまうケースが想定されるのです。
これを避けるためには税務署への申告の方法を通常追徴という申告にするのです。
すると副業収入の分だけ自分で直接、支払うことになります。
これにより、副業はおろか風俗で働いていることもバレてしまうことはないのです。
この方法を知っておくだけで先々の心配が払拭されていくことになります。
マイナンバー制度の目的は、キチンと税金を払っているかを税務署側が把握することにあります。

しかし、運用方法を知っておくことが自分の身を守ること
になるのです。

このページの先頭へ